マトスポブログ

【大会レポート】ウィンターサイクルマラソンinそでがうら 2020

2020年11月28日(土)、「ウィンターサイクルマラソン in そでがうら」が袖ケ浦フォレスト・レースウェイにて開催されました。
第5回目の開催となる今大会は、サイクルマラソンを距離別に100km(センチュリーマラソン)・42.195km(フルマラソン)・21.0975km(ハーフマラソン)とし、エンデューロはソロとチームの種目を設けては4時間と2時間で行いました。
メインレースの前には子供たちや女性を対象としたロードレースを開催。シリーズポイント賞(小学生チャンピオン)の実施や、今年よりQ・Nリーグポイント対象大会として登録されたこともあり、若い世代や女性選手達のリーグポイント争いも注目される白熱したレースとなりました。

コロナ禍の中、感染防止対策や定員削減を実施しながらの大会開催となりましたが、幸いお天気に恵まれ【約900名】の選手達が、冬のサーキットを寒さに負けず元気に走り、大盛況のうちに大会を無事に終えることができました。大会を盛り上げてくれた選手やサポーターの皆様をはじめ、後援、協賛各社や大会関係各位のご尽力に感謝申し上げます。

2020 ウィンターサイクルマラソンinそでがうら
2020 ウィンターサイクルマラソンinそでがうら

参加者統計

2020 ウィンターサイクルマラソンinそでがうら
2020 ウィンターサイクルマラソンinそでがうら
2020 ウィンターサイクルマラソンinそでがうら
2020 ウィンターサイクルマラソンinそでがうら

出店ブースのようす

出店社様:株式会社和光ケミカル、SMITH、SPORTS KID、BOMA、ジャマイカキッチン オルハ、Maikai-Cafe、株式会社ミヤタサイクル(メカニックサービス)※順不同、敬称略


参加者の声

今回もたくさんの丁寧で貴重なご意見・ご感想をいただき、まことにありがとうございます。CRRAおよびマトリックス一同、お一人ひとりの声を次大会に活かせるよう尽力してまいります。

▪良かった点:HPの案内が充実していて、色々迷う要素が無かった。場内アナウンスがわかり易かった。
▪改善希望点:サイクルクリニック時に、講師のマトリックスパワータグの選手がマスクをしていなかったことが気になりました。
この状況下の中運営ありがとうございます。検温などを行った上で、その確認書と引き換えに受付をする事で、少なくとも高い体温の方のレース参加は防ぐことは出来るので、良い取り組みと思います。一方で、参加人数が多いと感染確率は上がるので、適切な人数がこれというのは言えませんが、集団でスタートする姿や縦長の集団を見ると大丈夫なのかな?という不安はよぎります。
レース中に感じた点なのですが、左側追い越しとなってますが全体的に皆左寄りをついつい走ってしまっていて追い越しの方が追い越せなくてブレーキをかける、追突しそうになるのではといった場面が見られ少々心配でした。モトバイクで集団通過時以外でも右側へ寄るようアナウンス増やして頂けたらと思いました。個人的な要望としてはトラックやピストクリテリウムなどの固定ギア種目を増やしてほしいです!なかなかトラックは記録会だったりで固いイメージも多くホビーレースの雰囲気の固定ギアイベントが増えて欲しいです。
初レースでした、良い天気の中参加できてよかったです。受付をした際のスタッフの方がとても親切で印象的でした。女性のエントリー費が安いこともエントリーのきっかけとなりました。アイテムについて2つ気になった点があります。参加賞が、別のレースの名前の入ったボトルだったのは少し気になりました。(ボトル自体は嬉しいアイテムです)また、靴下もいただいたのですが、薄手で長めの丈のデザインだといいなぁと思います。
▪良かった点:①受付やスタートへの移動等のアナウンス及び誘導がスムーズでよかったです。②スケジュールにも狂いが無く慌てている人もいませんでした。③新型コロナウイルス感染対策も取られており安心して出場できました。④コース内の誘導バイクも後続の接近をうまく知らせてくれており、強風の中、事故が少なかったのだと思いました。
▪改善希望点:①ハーフのスタートですが、コース内側(追い越し側)の先頭に小学生が並んでいて、スタート直後危なかったです。スタートし、ローリング後の加速中に右側に移動しようとしてましたが、加速する周りの自転車の中で斜行となるので、次回は右側に並んでもらえると安全だと思います。②たまたま見ただけかもしれませんが、ピットレーンに子供が遊んでいて、ピットインした人が避けていました。保護者の責任ですが、事故防止のため受付時に周知していただければ安心かと思いました。
とても楽しく、成長できたレースでした!4hを走ることで見えてくる課題を見つけることができました!
息子が今年も参加させていただきました。コロナ禍の中参加できるレースが少なく力を発揮できないシーズンでした。2時間に参加したのですが、親の私がスマホでないため最終順位を確認出来ていませんでした。後で確認したのですが特別表彰の20歳以下で表彰されている事に気がつきました。
スタッフより返信:LAPCLIP及び公式リザルトは携帯電話からもご覧いただけますが、ご案内が十分に行き届いておらず、ご不便をお掛けいたしましたことお詫び申し上げます。
先ずは、このようなコロナ禍での開催に感謝申し上げます。毎回素晴らしい運営で気持ちよく参加させていただきました。1点のみお願いしたいことは、受付開始時間は明記されておりますが、ゲートオープンの時間(会場内に入れる時間)が分かりませんでした。あらかじめオープンの時間が分かっている方が良いと思いました。
過去のリザルトを確認し、自分なんかが参加していいものかと応募を躊躇いもしましたが、「旅の恥はかき捨て」ではないですが、せっかくの機会だと思い切って参加を決意した次第です。初めての集団走行やスピードなどに不安もありましたが、走りやすいコースやバイクの先導などもあり、実際は全く不安なくレースを楽しむことができました。怪我もなくトラブルもなく初レースを終えることができ、大満足の1日となりました。
センチュリーマラソンに参加しましたが、特に案内や表示看板もなく、コース上を逆走できないので41周通過後、1周してピットインして、計測タグを受付に渡しましたが何もいわれず、これで終了なのかどうかもわかりませんでした。集団走行を避け、単独走行していましたがレース中の集団走行による、三密のうち密集と接近が回避できておらずクラスターが発生する危険性があります。受付やピットイン周辺も時折、人が密集・接近しているのが気になりました。
コロナ禍の中、レース実行ありがとうございました。サイクルフルマラソン今回も楽しく参加させていただきました。
▪サイクルフルマラソンで他カテゴリーと混ざりかけたとき、サポートライダーが引き剥がし、他カテゴリーから離しててくれたので最後まで同じカテゴリーの人たちと勝負ができたことが良かった。ただ、他カテゴリーと混ざらないようにするならライダーズミーティングでその旨しっかりと説明してほしかった。
▪参加者に荒くれ者が増えた?と感じた。集団内で変な怒号が飛ぶ。
▪今回、サイクルフルマラソンのカテゴリーには特別表彰がなかったのが残念でした。50代以上の1位を目指すだけでも励みになったのですが…
▪参加景品のボトルはいらないです。ネジ式ではないタイプは水が漏れるし、そもそも参加してないオカヤマのもらっても…以前のように靴下が良いです。
ヘアピンに近いカーブが2か所あり、スリルがあり楽しめました。一方で、落車が散見されました。普段多くの人が「左抜け右追い抜き」に慣れているところ、時計回りのコースですので、これが反対になっていることも原因かなと思いました。 向川選手のサイクルクリニックは勉強になりました。横風が強い際に、どのようにバイクを重ねて集団のメリットを活かすかなど、学んだことをすぐにレースで実践できました。
コロナ渦の中での開催お疲れ様です!アマチュアアスリートにとっては、目標となるレースがあると日頃のトレーニングにも熱が入ります!ぜひ、コロナ対策を行った開催を継続して欲しいです。

参加者使用アイテム アンケート結果

アンケートにご協力いただきありがとうございました!

自転車
メーカー名 メーカー名
Specialized 96 TREK 77
GIANT 47 PINALLRO 39
Cannondale 36 Bianchi 30
MERIDA 29 Canyon 25
cervelo 23 Ridley 22
ヘルメット
メーカー名 メーカー名
OGK KABUTO 301 KASK 82
Specialized 46 MET 43
GIRO 41 LAZER 35
Bontrager 21 BELL 11
Karmor 8 POC/SH+ 7
シューズ
メーカー名 メーカー名
SHIMANO 237 Specialized 99
SIDI 70 FIZIK 52
Northwave 32 GIRO 30
Bontrager/MAVIC 22 lake 19
BONT 15 DMT/Lintaman 11
マスク
メーカー名 メーカー名
Pearl Izumi 31 NAROO MASK 23
ユニクロ・AIRism 22 UNDER ARMOUR 17
MIZUNO 13 PANDANI 9
BIORACER 6 GOODSMILE/PITTA
Specialized/SUNVOLT
3
ローラー台
メーカー名 メーカー名
MINOURA 198 TACX 85
ELITE 71 GROWTAC 55
Kicker/xplova 8 feedback/GIANT 7
SARIS 3

上位3位入賞者

中学生
順位 氏名 チーム名
1 三浦 一真
(中2)
BFY Racing
2 萩谷 蒼風
(中3)
ボンシャンスACA
3 櫻井 裕真
(中2)
壁紙屋
アンダー12
順位 氏名 チーム名
1 渋谷 隼登
(小6)
ブリッツェン☆ステラ
2 青山 哲宗
(小6)
SORA GRIT
3 成瀬 謙汰
(小5)
アンダー9
順位 氏名 チーム名
1 渡井 健太
(小3)
#1-PRIMERA-
2 富樫 悠太郎
(小3)
山中湖サイクリングクラブ
3 成瀬 奏音
(小2)
アンダー6
順位 氏名 チーム名
1 花島 正樹
(年長)
2 樋口 利陸
(年長)
エラスポルティーバ
3 新谷 律然
(年長)
小学生チャンピオン
順位 氏名 チーム名
1 藤本 琉生
(小5)
CycleDNA
2 渋谷 隼登
(小6)
ブリッツェン☆ステラ
3 大渕 要
(小5)
祥南小学校
小学生チャンピオン シリーズポイント賞
順位 氏名 チーム名
1 青山 哲宗
(小6)
SORA GRIT
2 渋谷 隼登
(小6)
ブリッツェン☆ステラ
3 三上 将醐
(小5)
チーム隼アスリチューン
レディース
順位 氏名 チーム名
1 樫木 祥子 株式会社オーエンス
2 今村 桜子
3 廣瀬 博子 Pedalist
サイクルフルマラソン 一般男子
順位 氏名 チーム名
1 井上 裕太郎
(30代)
TONY Racing
2 阿南 大介
(40代)
内房レーシングクラブ
3 上村 拓哉
(20代)
Rinrinracing
サイクルフルマラソン 一般女子
順位 氏名 チーム名
1 幸城 はるか
2 富田 美穂 tom’s cycling
3 久保 美恵 U2 BIKES
サイクルハーフマラソン 小学生男子
順位 氏名 チーム名
1 成瀬 謙汰
(小5)
2 山口 虎太郎
(小4)
COWGUNMMA
3 安藤 晴葵
(小5)
サイクルハーフマラソン 小学生女子
順位 氏名 チーム名
1 皆木 海音
(小4)
AVENTURA CYCLING ESTRE
2 相村 茉亜
(小4)
サイクルハーフマラソン 中学生男子
順位 氏名 チーム名
1 萩谷 蒼風
(中3)
ボンシャンスACA
2 辻 洸之介
(中3)
つじファミリー
3 筒井 和
(中2)
Team山登
サイクルハーフマラソン 中学生女子
順位 氏名 チーム名
1 篠塚 萠依
(中2)
Cycel DNA
2 福島 茉歩
(中1)
サイクルハーフマラソン 一般男子
順位 氏名 チーム名
1 湯澤 貴久
(40代)
クラブウェルダン
2 大野 裕二
(20代)
OVRE☆HEAT
3 松崎 新太
(10代)
サイクルハーフマラソン 一般女子
順位 氏名 チーム名
1 岩井 享子
2 安藤 雅子 内房レーシングクラブ
3 千葉 沙恵子 Team WA
サイクルセンチュリーマラソン 男子
順位 氏名 チーム名
1 白鳥 興寛
(40代)
ARCCレーシングチーム
2 幕田 亮
(30代)
TEAM WANGUN
3 山本 耕平
(30代)
ARCCレーシングチーム
サイクルセンチュリーマラソン 女子
順位 氏名 チーム名
1 樫木 祥子 株式会社オーエンス
2 程 瑶楓 Team GOCHI
3 石井 嘉子 アーティファクトレーシング
2時間エンデューロ 男子ソロ
順位 氏名 チーム名
1 菊川 実紀
(30代)
RoppongiEX
2 堀田 光輝
(20代)
3 山村 竜一
(40代)
2時間エンデューロ 女子ソロ
順位 氏名 チーム名
1 高橋 瑞恵 ROPPONGI EX
2 石井 美絵 内房レーシング
3 前島 律子 チバポンズ
2時間エンデューロ チーム
順位 チーム名 メンバー
1 日本 坂野 裕樹/中川 恵太
2 クラブウェルダン 湯澤 貴久/見目 詠一
3 Team SHIRAKO 濵田 大樹/斎藤 直
4時間エンデューロ 男子ソロ
順位 氏名 チーム名
1 高岡 亮寛
(40代)
六本木エクスプレス
2 石橋 利晃
(30代)
湾岸カレー・ユナイテッド
3 相原 良一
(40代)
オッティモ
4時間エンデューロ 女子ソロ
順位 氏名 チーム名
1 野崎 桃世 Team 自転車処 風輪
2 中村 葵 U2bikes
3 関根 千絵 TONY Racing
4時間エンデューロ 男子チーム
順位 チーム名 メンバー
1 クラブウェルダンC 西村 信一/桜井 誠
2 鉄車輪 菅野 卓/齋藤 優作
3 team ZERO SC 日比 龍二/高橋 淳/瀧澤 龍太
4時間エンデューロ 男女混合チーム
順位 チーム名 メンバー
1 あらたんなるARCC 細谷 直/小宮 貴裕/千野 あゆみ
2 teamぐるぐるKT 齊木 拓人/小野 響子
3 TEAM Bee 田村 恭平/今村 桜子

チャンピオンジャージ、WEB記録証

各種目および各カテゴリー別優勝者に、2020年度大会オリジナルチャンピオンジャージを贈呈しました!

2020 ウィンターサイクルマラソンinそでがうら

また、LAPCLIPにて「WEB記録証」の発行を実施しました。※全種目対応

2020 ウィンターサイクルマラソンinそでがうら

2020年は全国的に大会の開催数が激減し、サイクリストの皆様にとっても力を発揮したり思い出を共有する機会が貴重な一年となりました。本大会は、参加者の皆様とサポートくださった方々のご協力で無事最後まで執り行うことができ、CRRA東日本の2020年度を笑顔で締めくくる大会となりました。
次年度の大会は現在は未定ですが、より安全・安心な大会になるよう対策を強化し、継続的なサイクルイベント開催を目指してまいります。