マトスポブログ

【大会レポート】秋のしもふさクリテリウム 2020

2020年9月21日(月)・22日(火)、第9回目を迎える「秋のしもふさクリテリウム」が開催されました。
コロナ禍で、関東でのチャレンジリーグにおいて2020年度初戦の大会となりました。皆様が安心・安全に大会に参加していただけるように、感染症拡大防止対策をはじめ念入りに準備を重ね、はじめは選手が集まるのかと心配されながらの募集となりましたが、延べ【648名】と過去最多の方にご参加いただきました。ご協賛いただいたスポンサー様をはじめ、関係者の皆様のご尽力に、心より感謝申し上げます。密を防ぐため表彰式は執り行いませんでしたが、男女別や年代別、特別賞など入賞対象者を広く設け、大人だけでなく子供たちにも盛り上がる大会となりました。

2020 秋のしもふさクリテリウム
2020 秋のしもふさクリテリウム

参加者統計

2020 秋のしもふさクリテリウム
2020 秋のしもふさクリテリウム
2020 秋のしもふさクリテリウム
2020 秋のしもふさクリテリウム

出店ブースのようす

出店社様:SMITH、ATHLETUNE、南船場スポーツグラスサロン眼’z、スポエンショップ、BOMA、SPORTS KID、株式会社ミヤタサイクル(メカニックサービス)※順不同、敬称略


参加者の声

今回もたくさんの丁寧で貴重なご意見・ご感想をいただき、まことにありがとうございます。CRRAおよびマトリックス一同、お一人ひとりの声を次大会に活かせるよう尽力してまいります。

普段は体験できないことができてとても楽しかったです。またマイクパフォーマンスも聞いていてとても楽しくコロナ禍でありながらも久々に人が多い楽しさを味わうことができました。出走した60分エンデューロはとても残念でしたが、次回の機会がありましたらまた参加させていただければと思います。
60分エンデューロに出場したものです。結果的には中止という残念な幕〆となってしまいましたが、人命第一であり、大会運営様の速やかな決断には感銘を受けました。また次回リベンジしたいと考えていますので、よろしくお願いします。大会運営お疲れ様でした。
▪参加案内に関して:HP上に詳しく案内がされており、特に迷うことなく準備が出来、会場までたどり着くことが出来ました。また、メールで定期的にお知らせ頂いていたのが分かりやくすく良かったです。
▪受付:スタッフの対応も良く、スムーズに受付をする事が出来ました。
▪感染症対策全般:事前に案内もされてましたし、検温したエビデンスとの引き換えにゼッケンを渡すのは良いなと思いました。ただし、現地でも受付時に検温した方が良いのではとは感じました。
▪レース:各所にスタッフを配置されているように見え、落車などの緊急事態に素早く対応出来る体制だったかと思います。その上で、エンデューロでは残念ながら落車が発生したものの、参加選手に対してバイクに乗った方が状況説明することで、何が発生しているのか状況が把握出来、不安感がなくよかったです。結果的に中止となりましたが、人命や最終種目であったことを考慮されての判断だと思うので、少し残念な気持ちはありますが、納得の中止判断です。
▪最後にこの状況下で開催していただきありがとうございました。実に6ヶ月ぶりのレースでしたが、不安なくレースを楽しめました。来年も都合が合えば参加したいなと思っております。
大変な時期にたくさんの配慮、工夫をして開催までたどり着いた苦労察しいたします。初日だけの参加、パンクでリタイヤでしたがとても楽しめました。2日目に落車によるレースの途中キャンセルはとても素晴らしい判断だと思います。またの企画案内楽しみております。
私はアスリチューン杯に参加しました。エンデューロにも参加したい意志がありましたが多くの人数で走るので追い抜きの際スピード差や技術差から落車が起こるのではと考え遠慮していました。エンデューロでは初心者エンデューロと中上級者エンデューロ等、クラス分けをすると安心してエンデューロにも参加できると思います。場所が近く好きなコースなのでしもふさクリテリウムで安心して走れる事を楽しみにしています。
レース前のミーティングやレース前の説明もレース中も色々な所で安全確保がされていましたし安心して限界まで走れました。特にバイクで集団を知らせてくれるのは助かりました。本当に楽しかったです。
60分エンデューロの集団内は無理な走りをする人が目立っていたので続行すれば落車は増えていたと思います。今回の落車は集団内で見ていると、落車した選手、また原因となった選手(斜行が目立ちました)の走り方に問題があると思いました。改めて無理のないようにと運営サポートからの周知と選手間での声かけを行えば防げるのではと思いました。
60分エンデューロスタート時にとある子の父親が、他の子に対してかなり暴力的な発言をしており、とても気になりました。他の大会でも見かけたことがあるので、スタート時等確認していただき、大会側から注意していただきたいです。大会側にご迷惑をお掛けすることになるかもしれませんが、人の道徳として信じられない行為なので。
人生初のクリテリウムに参加させて頂きました。自分にとってはかなりのハイスピードでバイクコントロールに神経を使いとても緊張感(というか恐怖感)あるレース時間でした。その中で、やはり斜行する方がおられ、本当に怖い思いをしました。他の方が注意を発してくれておりましたがお構いなしな感じでした。ビギナークラスは参加に安全講習を義務付けて欲しいです。学ぶ機会もないので、講習費をエントリー代に込みにして頂いても良いのでご検討のほどお願い申し上げます。
息子にとっては初めてのバイクレース。とても心配でしたが、練習した時よりも1分半もタイムを縮めてゴールしました!子供達のがんばりにとても感動したレースでした!下り坂の部分でコースが狭くなって危険だと感じましたが、試走がレース前にあって確認できたので良かったです。私もしっかりと練習をして、来年はファミリーで出場したいと思っています。

参加者使用アイテム アンケート結果

アンケートにご協力いただきありがとうございました!

自転車
メーカー名 メーカー名
Specialized 64 TREK 41
GIANT 35 PINALLRO 31
MERIDA 29 Cannondale 28
ANCHOR 22 Bianchi 20
cervelo 18 SCOTT 14
ヘルメット
メーカー名 メーカー名
OGK KABUTO 230 KASK 43
MET 38 Specialized 33
GIRO 25 LAZER 21
BELL 11 Karmor 10
TREK 8 POC/LAS 6
サイクルウェア
メーカー名 メーカー名
SUNVOLT 84 Waveone 68
Pearl Izumi 56 Champion System 22
BIORACER 21 Castelli 13
SHIMANO 11 rapha 10
le coque/チームジャージ 9 assos 8
ソックス
メーカー名 メーカー名
RxL 66 Pearl Izumi 41
FOOTMAX 23 Monton 18
ユニクロ/rapha 15 SHIMANO/BIORACER 14
Defeet/castelli 9 Adidas 7
Waveone/NIKE/MAVIC/le coque/asics 6
チェーンオイル
メーカー名 メーカー名
和光ケミカル 178 FINISH LINE 49
KURE556 29 AZ 27
SHIMANO 25 Vipros 23
EXLUB 10 mac off 8
BellHammer 5 Bridgestone/マルイ
Squirt
4

招待選手、サポートスタッフ

参加者の皆様の安全のために、総勢16名もの一流の選手やスタッフが大会をサポートしました。

当日のサポートライダー
●MATRIX POWERTAG より フランシスコ・マンセボ、ホセ・ビセンテ・トリビオ、アイラン・フェルナンデス、レオネル・キンテロ、吉田 隼人、安原 大貴、小森 亮平、向川 尚樹、狩野 智也、植益 和行、瀧山 里玖、小林 海(新規加入)、安原監督
●なるしまフレンドレーシングチーム より 平林 昌樹
●AVENTURA より 管 洋介(監督・カメラマン)、矢野 和也

上位3位入賞者

90分エンデューロ 男子
順位 氏名 チーム名
1 岡 泰誠
(20代)
SBC vertex
2 遠藤 優
(30代)
RX
3 古谷 朋一
(30代)
内房レーシングクラブ
90分エンデューロ 女子
順位 氏名 チーム名
1 白崎 芙美子
2 末吉 多恵
3 成田 美津子 手賀沼自転車倶楽部
個人タイムトライアル
順位 氏名 チーム名
1 半澤 雄高
(40代)
RX
2 銀山 耕一
(30代)
Roppongi Ex
3 須藤 良太
(30代)
120分エンデューロ 男子
順位 氏名 チーム名
1 雑賀 大輔
(30代)
湾岸カレーユナイテッド
2 石橋 利晃
(30代)
湾岸カレー・ユナイテッド
3 銀山 耕一
(30代)
Roppongi Ex
120分エンデューロ 女子
順位 氏名 チーム名
1 雑賀 敬子 WCU
2 前島 律子 チバポンズ
3 須藤 友子
中学生
順位 氏名 チーム名
1 坂上 幸太郎
(中2)
Sports KID
2 高橋 翔
(中3)
cycleclub 3UP.
3 佐々木 啄人
(中2)
ボンシャンスACA
アンダー12
順位 氏名 チーム名
1 佐竹 清亮
(小6)
iBeyond
2 山川 朔太朗
(小6)
#1-PRIMERA-
3 渋谷 隼登
(小6)
ブリッツェン☆ステラ
アンダー9
順位 氏名 チーム名
1 渡井 健太
(小3)
#1-PRIMERA-
2 富樫 悠太郎
(小3)
山中湖サイクリングクラブ
3 成瀬 奏音
(小2)
アンダー6
順位 氏名 チーム名
1 宮崎 暖大
(年長)
2 花島 正樹
(年長)
3 新谷 律然
(年長)
レディース
順位 氏名 チーム名
1 高橋 瑞恵 Roppongi EX
2 白崎 芙美子
3 廣瀬 博子
小学生チャンピオン
順位 氏名 チーム名
1 佐竹 清亮
(小6)
iBeyond
2 青山 哲宗
(小6)
SORA GRIT
3 渋谷 隼登
(小6)
ブリッツェン☆ステラ
ビギナー
順位 氏名 チーム名
1 都丸 藍音
(10代)
COW GUMMA
2 長畑 光
(30代)
COLORs
3 南 秀耶
(10代)
アスリチューン杯
順位 氏名 チーム名
1 白鳥 興寛
(40代)
ARCCレーシングチーム
2 川田 翔太
(10代)
AVENTURA
3 小林 崇
(40代)
オッティモ
※60分エンデューロはスタート10分後に中止判断

WEB記録証、公式リザルト

今大会より、LAPCLIPにて「WEB記録証」が発行できるように仕様を変更しました。クリテリウムは完走者全員に、エンデューロでは1周以上の記録から、記録証としてWEB上でPDFを発行することが可能になりました。

また、密になることを避けるため従来のリザルト貼り出しを取り止め、レース速報をLAPCLIP、最終の公式リザルトは指定のリザルトページにてWEB上でご確認いただけるよう対応しました。

2020 秋のしもふさクリテリウム

今大会は試行錯誤ながらコロナ対策をとり開催いたしましたが、皆様のご協力もあってその後の状況など変わりなく無事終了することが出来ました。先行きが見えない状況ではありますが、次回のしもふさクリテリウムでも皆様と笑顔でお会いできることを楽しみにしております。