マトスポブログ

イベントレポート:ネッツトヨタ千葉 Presents ウィンターサイクルマラソンinそでがうら

2019年12月15日(日)、ネッツトヨタ千葉Presentsウィンターサイクルマラソンinそでがうら が開催されました。
スペシャルパートナーとして「ネッツトヨタ千葉株式会社様」をお迎えし、自動車と自転車のモビリティとしての親和性を高め、台風被害や大雨被害のあった千葉県の地域に元気をもたらすことも目的としたイベントを実現致しました。当日はお天気に恵まれ【約800名】のライダーが袖ケ浦フォレスト・レースウェイに集結しました。

第4回となる今大会は、サイクルマラソンを主体とした耐久レース5種をメインに、5時間・2時間エンデューロ、小学生以下のアンダークラスおよびアンダーチャンピオン、女性のみのレディースクラスを開催。参加者は12月の寒さにも負けず元気に走り続け、約84%の選手達が完走し、大盛況のうちに大会を無事に終えることができました。


参加者統計


出店ブース

大会当日は、協賛各社様や飲食関係、マッサージなど合わせて11ブース(過去最多)が出店され、会場を華やかに盛り上げていただきました。また、各メディアや情報誌の告知もあり大会模様を取り上げていただきました。


参加者の声

今回もたくさんの丁寧で貴重なご意見・ご感想をいただき、まことにありがとうございます。CRRAおよびマトリックス一同、お一人ひとりの声を次大会に活かせるよう尽力してまいります。

この度は大変楽しませていただきました。さて、2点だけ困ったことがありました。
①ピットの問題:参加選手が場所を確保できない状況が見受けられます。自分も譲ってもらって何とか入れてもらいましたが…。
②周回数の問題:実際100キロ走り切ったのか?が自分で判断しなければならないため、本当にここでピットに戻って良いのかが果たして判断しづらい、という問題です。タグもつけていただいているので、何かお知らせしてくれるとありがたいのですが…。
以上です。大会そのものはとても楽しかったですし素晴らしいと思います。
サーキットから離れた方の駐車場へ車で向かう道が非常にガレてて揺れで機材に傷が付きそうになりました。またその駐車場からサーキットまでの道もガレており自転車の運搬、ビンディングシューズへのダメージがあります。施設側の問題なので難しいとは思いますが対策、意見を施設側と検討して頂ければと思いました。
最終ラップがわからず、スパートをかけることができませんでした。自分の中では不完全燃焼でゴールラインを超えることとなりました。周回管理も実力の一つかもしれませんが、ジャンを鳴らす等で走行中でも最終ラップに入ったことを示していただければと思います。
今までいくつかのレースに出させて頂いてますが、昨日の運営は素晴らしく良かったです。スタート地点をずらしたのは、安全であり観戦している私達も楽しめました。また、初心者にも大変やさしい運営だと思いました。(実際、何人ものビギナーの方が走っているのを見て、自分も奮起しようと思いました)
息子は、中学生のロードとハーフマラソンの2つをエントリーしましたが、ハーフマラソンのリザルトが中学生だけのくくりだけなので、総合で何位か知りたかったです。今回初めの参加でしたがBゲートの場所が分かりづらかったです。同行で来た身からしたら、もう少しブースがあればとも思いました。
抽選会については、最後まで居られない者にも何らかのチャンスを頂けますと嬉しいです。また、コースについて、低速者が右側とのことですが、右へのタイトなコーナー(4と9)の二ヶ所については、少し危険を感じます。高速者がイン側を攻めすぎないよう、また低速者が膨らみすぎないよう、何か工夫があった方が良いかと思います。
150Kmに出場しました。100Kmのラストに近づいて来た時、選手達の中で「100Kmの選手を先に行かせよう」と声かけが行われ、集団が分断されました。それにより、100Kmのスプリントが安全に行われたと感じました。たまたま逃げが発生していなかったからできた事ですが、出来るだけそういった臨機応変な判断をプロの方から声かけ頂いてアマチュアをコントロールし、安全にレースが進むと良いなと感じました。
スタート時間が10時なのが良かったです。朝早すぎて頭が冴えていない人がいるとまた落車の危険が増えますし。
ほぼ毎回親子で楽しく参加させてもらっています。やはり右側通行と再三に渡り注意を促して頂いてましたが、レースなれしていない方々は理解していないようでした。また、混走だったため、レース終盤を迎えたカテゴリーの方々が前に無理をして行こうして、他カテゴリーから怒号が飛び交っておりました。混走はしょうがないとして、レース終盤はカテゴリごとで声かけ合いが重要だなと思いました。マトリックスの方々が、タイミングみてある程度声掛けしてくれたら、それはまた効果絶大だと思慮いたします。また来年も頑張ります。
やっぱり表彰式の音楽かっこいいですね、CD購入できたらうれしいです。
さて、午後の2時間エンデューロに参加しましたが、同時出走の伴走者を伴うお子さんたちが最前列に並んでのローリングスタート、これはやはり危険だと思います。リスク回避のためにも伴走者が必要なお子さんたちは最後尾に整列していただくのが良いと思います。あと、原則右側通行・左から追い抜きのルールだと思いますが、右側通行が徹底されていません。伴走者がお子さんにもっと左を走れ!と言っていたり。募集要項、HP要項でもこの大原則を大きくアピールしてもらって、参加者全員の共有意識として持つべきだと思いました。
大会全体はとても素晴らしいです。トロッフェバラッキ各カテゴリー(特に男女混合と親子)開催したら面白いと思うんですがどうでしょう?
大会運営局へとても走りやすいコースでかつ安全で次回も参加したいと思います。スポンサーのネッツトヨタ千葉さんへ、ミニカーを頂きありがとうございました。
今年で2連続の参加となりますが毎年ブースも充実しておりとても楽しく走ることができました。コースの試走の2回目を午後の部向けに遅めにしていただけると待っている時間が少なく体も冷えないのでありがたいなと思いました。
全体を通して、不都合なく快適にイベントを楽しむことができ、また当チームから落車が発生した際にも迅速にご対応いただき、本当にありがとうございました。ただ一点、要望があるとすれば当方がチームエンデューロのゴールを担当したのですが、ゴール時のアナウンスをもう少しわかりやすくしていただけるととても助かると感じました。
①マトリックスの選手たちの素晴らしい走りにより、集団のペースも落ちることなく走りきることができました。ですが一方で参加選手の飛び出しが全て潰されるという事態が発生しています。参加選手のアタックがあったらサポートライダーの方はあえてペースを落とす等、参加選手同士のレース展開構築にご配慮いただけると嬉しいです。
②2時間エンデューロとハーフ&ハーフマラソンは同時にスタートしましたが、これが非常に危険と感じました。次回は是非、スタートの間隔を1分間空けるなどご配慮いただければと思います。
③ゴール後の右側走行の徹底について、ゴールラインを過ぎた後は右側に寄ることを完全に失念していたため、数秒後に5時間エンデューロの集団が一気に後ろから追い抜かしていくこととなり、大変危険な状況でした。可能であればサポートライダーの方や、マイクアナウンスなどから右側に寄るようにご注意いただければと思います。なお、スタート前のライダーズミーティングはサイクルマラソンのスタート地点ではまったく聞こえません。別途注意事項をアナウンスしていただくようにご配慮いただければと感じました。

アンケート結果

アンケートへのご協力、まことにありがとうございました!今回は新たに会場までの移動車名も併せて調査。今度は車種の調査も行ってみたいです。

1 2