マトスポブログ

イベントレポート:2018ウィンターサイクルマラソンinそでがうら

2018年12月16日(日) 「ウィンターサイクルマラソンinそでがうら」を袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて開催しました!
第3回となる今大会もサイクルマラソンを主体とした耐久レースメインで、10種目25カテゴリーもの枠を用意。距離別に150km/100km / 42.195km / 21.0975km / 10kmと、6時間・2時間のエンデューロに加え、今回初の試みとなるアンダークラスのシリーズポイント戦(2018年9月23日開催の「秋のしもふさクリテ」との合計ポイント)を行いました。昨年から100名ほど増えた911名の参加者(出走率92%)が晴れ時々曇りで最後の約1時間は雨のなかを走り、約90%の選手が見事完走! それを祝福するかのように、表彰式が始まるころには2本の虹がかかるステキなサプライズ。大会に参加いただいた選手やサポーターの皆様をはじめ、後援、協賛各社や大会関係各位のご尽力のおかげで、大盛況のうちに大会を無事終えることができました。


参加者の声

ご参加いただいた皆様に、大会についてのたくさんのご意見や感想をいただきました。一部抜粋してご紹介します。

●東京からのアクセスも良く、午後からの2時間だったので寒くもなくコース上での集団も大きくなりすぎず、とてもストレスフリーに参加できました。(2時間エンデューロ参加・男性)

●そでがうらのコースは好きで、マトリックスのメンバーと一緒に走れることが何よりもテンションが上がります!残念ながら当日は怪我のためDNSでしたが、後日郵送された参加賞に感動しました。 次戦こそは参加したいです!(サイクルハーフマラソン参加・男性)

●参加者が多いためイベントとしてはとても楽しい。だが、複数のレースが混在しているため周回数がわからなくなる。各レースの先頭の周回数はわかるようにしてほしい。(サイクルフルマラソン参加・男性)

●キッチンカーの近くにテーブルとベンチがあると良い。(サイクルフルマラソン参加・男性)

●表彰も多く、チャンピオンジャージも可愛かったです。参加賞の靴下もとても嬉しかったです。気になった点としては、落車の多さです。何か決まりを設けていただければもっと事故は少なかったと思います。(サイクルフルマラソン参加・女性)

●コースに背中から落ちたであろう補給ゼリーやその蓋なのが散見しており、それを踏んで事故が起きてしまいそうだと思いました。100km以下のレースで補給ゼリーはそんな必要ないと思いますし、初心者が多いので、持ち込み不可でもいいとも思いました。一番良かったと思ったのが、サイクルマラソンとエンデューロとの時間分けです。(サイクルフルマラソン参加・女性)

●女性の参加費を抑える試みは長い目で見て将来的に効果が出てくるのではないかと思っております。また、60歳代を狙って「シルバー割引」のような施策によって参加者を増やす試みも検討して頂ければ幸いです。(サイクルフルマラソン参加・女性)

●今回、サイクルフルマラソンがローリングスタートになったことはとても良かったです。走行管理役のプロの方がグループにいることも良かったです。欲を言えば集団内で危険な走りをするライダーにアドバイスしてくれると安全度が高まり、より良いレースになると思いました。表彰は6位までやられたほうが良いと思いました。(サイクルフルマラソン参加・男性)

●Web上で自己記録をすぐ確認できる事などを始めとして運営面がよく管理されていたと思いました。(サイクルセンチュリーマラソン参加・男性)

●コースはアップダウン、コーナーがたくさんあり楽しむことができました。(サイクルウルトラマラソン参加・男性)


参加者統計

アクセスの良さから、今大会は東京都からの参加者が最多となりました。女性参加者は少しずつ増えているものの、まだまだ割合は低いです。

最年少は3歳、最年長は70歳の選手にご参加いただきました。30代・40代の参加者が大幅を占めており、この年代は耐久レースが好きな方・得意な方が多いのかもしれません。

センチュリーマラソン、フルマラソン(男子)が人気の種目です。小学生・中学生にはハーフ&ハーフマラソンも設けていますが、ハーフマラソンの方にチャレンジする傾向にあります。


参加者アンケート結果

今回は3つのアンケートを実施。皆さんそれぞれこだわりがあって、自転車は特に様々なブランドをご使用のようです。アンケートへのご協力まことにありがとうございました!


上位入賞者

アンダー12
順位 氏名 チーム名 詳細
1 室伏 碧透 CycleDNA PDF
2 佐々木 啄人 ベルエキップしびれ隊
3 水谷 悠平
アンダー9
順位 氏名 チーム名 詳細
1 藤本 琉生 CycleDNA PDF
2 根本 煌生 CycleDNA
3 高橋 晄
アンダー6
順位 氏名 チーム名 詳細
1 藤澤 寿成 Freedom Bikes PDF
2 和田 朔太朗 アッチェレランド
3 阿部 咲太朗 石神井らいだーず(仮)
サイクルフルマラソン 男子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 池畑 陽一郎 内房レーシング PDF
2 山中 光 TEAM DKY
3 鈴木 颯人 ワンダーOB
サイクルフルマラソン 女子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 根本 侑里 内房レーシングクラブ PDF
2 山本 希 FataBianca
3 石下 七恵 Divertire
サイクルハーフマラソン 小学生男子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 安川 尚吾 PDF
2 櫻井 裕真 伊豆CSC
3 松本 溜凪 ブリッツェン☆ステラ
サイクルハーフマラソン 小学生女子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 尾形 心咲 PDF
2 田上 萌々子 ブラウ・ブリッツェン
3 中村 友紀子
サイクルハーフマラソン 中学生男子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 藤本 怜 CycleDNA PDF
2 細谷 幹大 club pk
3 三宅 太生 カレイドスコープ
サイクルハーフマラソン 中学生女子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 水谷 彩奈 PDF
2 尾形 咲穂
3 佐藤 咲乃 Pedalist
サイクルハーフマラソン 一般男子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 小宮 貴裕 PDF
2 大竹 淳 UKAUKA Cycling
3 関 英彦 内房レーシングクラブ
サイクルハーフマラソン 一般女子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 安藤 雅子 内房レーシングクラブ PDF
2 野口 香織 TEAM Castella
3 竹ノ下 和美
サイクルセンチュリーマラソン 男子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 山崎 泰史 Pedalist PDF
2 東 智博
3 佐藤 貴也 多摩ポタ
サイクルセンチュリーマラソン 女子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 樫木 祥子 PDF
2 堀 友紀代 特練!
3 廣瀬 博子 Pedalist
サイクルウルトラマラソン 男子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 高岡 亮寛 六本木エクスプレス PDF
2 雑賀 大輔 湾岸カレーユナイテッド
3 銀山 耕一 Roppongi Ex
サイクルウルトラマラソン 女子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 野崎 桃世 Team 自転車処 風輪 PDF
2 雑賀 敬子 雑なネコ家族
サイクルハーフ&ハーフマラソン 小学生男子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 水谷 悠平 PDF
2 室伏 碧透 CycleDNA
3 湯澤 綾人 クラブウェルダン
サイクルハーフ&ハーフマラソン 小学生女子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 尾形 心咲 PDF
2 皆木 海音 AVENTURA
サイクルハーフ&ハーフマラソン 中学生男子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 高井 順平 ラバネロ PDF
サイクルハーフ&ハーフマラソン 中学生女子
順位 氏名 チーム名 詳細
1 水谷 彩奈 PDF
2 栗原 茉子
3 尾形 咲穂
6時間エンデューロ 男子チーム
順位 チーム名 詳細
1 チームBMレーシング PDF
2 team黒夜叉
3 横濱の犬
6時間エンデューロ 男女混合チーム
順位 チーム名 詳細
1 登りで号泣する選手たち PDF
2 team ZERO
3 CircleCycle
2時間エンデューロ 男子ソロ
順位 氏名 チーム名 詳細
1 松井 崇 Innocent PDF
2 田島 誠 あらかわZoo Racing
3 宮田 直也 Innocent
2時間エンデューロ 女子ソロ
順位 氏名 チーム名 詳細
1 石井 美絵 内房レーシング PDF
2 山本 希 FataBianca
3 後藤 郁恵 team FRAT
2時間エンデューロ チーム
順位 チーム名 詳細
1 OVER☆HEAT PDF
2 クラブウェルダン
3 ワンダーOB

チャンピオンジャージ

各カテゴリー優勝者に、 2018年度大会オリジナルチャンピオンジャージを贈呈!(デザイン:スポーツキッド)爽やかなカラーで男女とも着やすいデザインです。


お楽しみイベント

イベントの最後には抽選会を開催! たくさんのサイクル関連グッズの登場で大会は最後まで盛り上がりました。2018年チャレンジリーグの大会は本大会で終了しました!2019年も安全に・誰もが楽しめるレースイベントを目指してまいります。


大会サイト

リザルトやギャラリーは、下記サイトよりご覧ください!